英語のE-Learningなら

★★  生の英語がネットで聞ける!!  海外サイト中心のディレクトリー型リンク集  ★★




ヒアリングマラソン中級講座 お申し込み受付中

検索条件:スクリプト付きサイト一覧
   RealPlayer   Windows Media Player   Quicktime   Winamp   Flash   スクリプト付き   3段階評価
    52件のデータが見つかりました。3/6ページ

 ★★★ 1-language.com News 
http://www.1-language.com/eslnews/

 
 ★★★ Exercises in Using English for Academic Purposes 
http://www.uefap.co.uk/listen/exlis1.htm
    ディクテーションテストが数多く準備されている。しかも、とても工夫されている。スクリプトは「*」文字で予め文字数が表示されている。そして、聞き取れた単語を入力していくと、当たっていれば「*」がアルファベットに置き換えられ、最終的にはスクリプトが全て表示されるというもの。意外と楽しい。

    カテゴリー:「ESL(英語学習)

 
 ★★★ Health Politics with Dr. Mike Magee 
http://www.healthpolitics.com/
    健康に関するWEB番組。transcriptもありますし、またスライドの中にも重要事項は文字で表示されますので、内容は比較的理解しやすいといえますが、病気の名前など難しい単語も多く使われています。

    カテゴリー:「その他

 
 ★★★ U.S. Secretary of Education 
http://www.connectlive.com/events/deptedu/
    アメリカ教育省の長官の演説。キャプション付きのバージョンとキャプションは付いていない通常のビデオファイルもあります。日本でも問題になっていますが、先生の質をいかに上げるかなど。

    カテゴリー:「政治

 
 ★★★ The NEWSHOUR WITH JIM LEHRER BROADCAST  
http://www.pbs.org/newshour/newshour_index.html
    テーマごとにまとめられた最近のニュースをスクリプト付きで聞くことができる。このカテゴリーの数はすごい。

    多数のスクリプトも準備されているので、「英語ニュースを聞いても、結局耳に慣れるだけで、この単語はこんな風に聞こえるというのが無ければ厳しい」という方には、お勧めです。

    カテゴリー:「ニュース」「政治

 
 ★★★ Globally Speaking 
http://abc.net.au/global/
    Radio Australia のプログラム。the politics of globalisationという副題がついている。歴史・文化・ビジネスなどのサブカテゴリーに分かれて、グローバリゼーションとは何かということを考察している。非常に奥が深い。全編スクリプトつきなのがさらに良い。

    カテゴリー:「インタビュー」「政治」「文化

 
 ★★ National War on Drug Symposium 
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/shows/drugs/symposium/
    タイトルどおり、ドラッグ戦争に関するシンポジウムでの内容。4つのパネルディスカッションの内容がそれぞれ30分程度あるので、長い英語の話も理解できるようにする訓練になる。

    カテゴリー:「社会

 
 ★★ Sing365.com 
http://www.sing365.com
    アーティストごとに歌詞(Lylic)の検索ができるサイト。古くはマイケルジャクソンの「スリラー」から、少し古くなったがセリーヌ・ディオンの「My Heart WILL Go On.(映画タイタニックのテーマソング)」なども歌詞が分かる。とにかくデータベースが膨大。音声ファイルはない。

    MP3.comなどでダウンロードして、歌詞がよく聞き取れない場合などに重宝しそう。

    カテゴリー:「音楽(Music)

 
 ★★ Propaganda Critic: Video Gallery 
http://www.propagandacritic.com/gallery/
    プロパガンダを目的としたビデオクリップのリンク集。「My Japan」というのは、第二次世界大戦中、アメリカの財務省が発行する戦時債券をアメリカ国民に買ってもらうため、「日本人はこんな恐ろしいことを考えている。日本人は戦争に勝つためなら何でもやる。この日本人を何とかするためにも戦時債券を買って・・・」とアメリカ国民に危機感を募らせるようなトーンが色濃いビデオ・メッセージです。形式としては、日本人が「My Japan」とタイトルでアメリカ人に語っているようになっていますので(最初から最後までナレータの英語ですが・・・)、ここで出てくる「You」とはアメリカ人のことです。

    私たち人間の中の先入観・民族差別意識というのはとても恐いと思いました。


    カテゴリー:「政治」「社会

 
 ★★ Favorite Poem Projects: The Poems 
http://www.favoritepoem.org/archive/
    様々な文化バックグラウンドの人が独白し、また詩を読む。詩の部分はスクリプトがあります。

    カテゴリー:「インタビュー」「文化

 
←←前のページ   1 2 3 4 5 6    次のページ→→  



【広告】アフィリエイトプログラム徹底導入術  © Listening-English.com  【広告】TOEIC750点保証講座